スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 12.04 で resolv.conf に書いた記述が消える

OSを再起動する度にインターネットに接続できなくなっているので見てみたら、resolv.conf ファイルが消えていた。
 
 Ubuntu でネットワークの設定をしているファイルは、

   /etc/network/interfaces と、
   /etc/resolv.conf

の2つで構成されている、と思ってた。


まあ間違いでは無いが、実際はこの2つのファイルを管理している場所があって、

   /etc/resolvconf/…

に設定ファイルがたくさん入っている。OSを再起動する度にここから設定が読み込まれて、 /etc/resolv.conf の内容が書き換わる。

で、resolv.confファイルの内容を記述するなら

   /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base

をエディタで開いてresolv.confに書きたい内容を記述する。

私の場合は、nameserverの記述が必要だったので、

</etc/resolvconf/resolv.conf.d/base>
nameserver 192.168.0.1

と書いて保存。OSを再起動して解決。

スポンサーサイト

コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。